商工会議所の歴史について

船橋商工会議所ロゴマーク

歴史

わが国最初の商工会議所である「商法会議所」は明治11(1878)年に東京、大阪、神戸で設立されました。
その後、全国の主要都市に相次いで設立され、明治25(1892)年に15の商業会議所がその連合体として「商業会議所連合会」を結成しました。
そして大正11(1922)年6月に「商業会議所連合会」を改編し、常設の機構・事務局を持つ「日本商工会議所」が誕生しました。それ以後、名称・組織の変更など様々な変遷がありましたが、戦後の昭和28(1953)年に現行「商工会議所法」に基づき特別認可法人として改編され、今日に至っています。
現在、(平成19年4月時点)、全国で514商工会議所がそれぞれの地域で活動しています。

関連記事

船橋商工会議所 新規会員募集中!
船橋商工会議所 青年部
船橋ハッピー創業塾
ザ・ビジネスモール
船橋商工会議所 パソコン教室
会報誌 ハンドシェイクふなばしのバックナンバー
子育てゆうゆうナビ!
社会保証・税番号制度

部会活動

委員会活動

お店グランプリバナー

お店グランプリバナー
ETC高速利用最適化支援サービス
日商環境ナビ
建設業部会企業ネットワーク
商工会議所ライブラリー
ものづくりネットワーク
千葉名産ドットコム
DOWNLOAD ADOBE READER
ページ上部へ戻る